blog


あくじゃなくて、わる。
創作における、わるなキャラクター、わるな職業、大好きです。

わるなのに、いい人。
わるなのに、どこか間が抜けてる人。
そういう人たちって、なんかカワイイ。

日向堂のパティシエ二人なんか、まったくそれです。

職業もそうですね。
性格というか、キャラクター性とは少し違うけど
例えば、怪盗とか、ギャングとか。あと殺し屋とか。
なんかお洒落な感じがして好きです。

そういう職業にフォーカスした作品とかもいっぱいあるよね。

ゲーム作ってると、やっぱり悪役が欲しくなります。
そんな時に登場するのが、このわるな人たち。
惜しみなく愛情を注ぐので、何なら味方側よりキャラが立っちゃったりします。

敵なのに憎めないやつっていうのは
自分的なテーマというか、世界観でもあります。

なんかそういう人たちばっかりのゲーム作りたい。
物騒で、事件ばっかり起きて、でも意外に平和な街での物語。
みたいな。

...作ろうかな。