blogぶれぐれコラム4 ブレイブストーリー


ぶれぐれコラム4 ブレイブストーリー

20120801_01.png
いつの間にか8がつになってしまいました。

さて、このコラムシリーズも最終回にしようと思います。
ほんとはもう1回分原稿があったんだけど
あんまり身のない内容だったからとばします。
いや毎回そんなに大した話じゃなかったけどね。

最終回では、あのお話のその後...後日談のようなものを紹介します。
ブレイブ☆グレイブの物語を形作る登場人物たち。
彼らはその後、何を思い、何を感じ、何を成そうとするのでしょうか。
彼らの未来を少しだけ覗いてみたいと思います。

★リッツ
レインディアの街の冒険者ギルドにはれて正式登録され、
夢だった冒険者としての新しいスタートを切りました。
しかし、冒険者としてはまだまだ未熟なようで
未だ街周辺の近場へのクエストしか受けたことはありません。
勇者への道は、まだまだ長く険しいようです。

☆コロン
世話好きな彼女は、冒険者ギルドで働くことも考えたようですが
レインディアの教会でシスターの仕事に就きました。
いつの日か、3人で冒険の旅に出るときのために
パーティを守るための癒しの力を勉強しているようです。
教会で働く日々のおかげか、性格は少し柔らかくなりました。

★ビスコ
リッツが冒険者としてギルドに登録されたのを見届けて
武者修行という名目でレインディアを旅立ちます。
冒険者として、力だけではない
知恵や技術を身につけるための旅のようです。
3人の宝物である、秘密基地の鍵は今でも大切に持っているそう。

★ラドゥ
冒険者ギルドのマスターを辞職し、
各地に冒険者のための機関を作るべくレインディアを後にします。
その後、旅先で知識やノウハウを学びながら資金を貯め、
「クラン」と呼ばれる職業別組織の構想を実現しました。
いつの時も、夢を持つ若者を想う姿勢を保ち続けているようです。

★モーンじいさん
寝ました。

★スライ
その内に秘めた力と、圧倒的なマイナスイオンが評価され
祠の最後の試練というポジションに抜擢されます。
やってくる冒険者と戦い、その力を認め、ときには叱咤し
試練としての役割を見事にこなしているようです。
また、彼のねばねばは街の新たな特産品として注目を集めています。

★メリー
レインディアを旅立ったビスコに感化され、自分探しの旅に出ます。
自分をヤギだと再認識するための旅のようですが
「羊と間違えた人間カウンター」の数は増えるばかり。
今も世界のどこかで、メリーを羊と間違えた哀れな子羊たちが
メリーブラスターの餌食となっていることでしょう。

☆リリアン
祠の試練としての役目を終え、レインディアの街で
冒険者ギルドの受付嬢として働き始めました。
ギルドにやってくる冒険者の相手をしながら
魔法少女の素質がある人材を探しているようです。
コロンとの友情を深め、今ではお互いを親友と呼び合っています。

★ハッシュ
祠の中で、ニワトリに話しかけようとしたところ
落とし穴に落ちてしまい、魔物と格闘する日々を送っています。
出口がどうしても見つからないらしく
もう何年も祠の地下での生活を続けています。
今では「ただのコウモリ」を倒せるくらいに強くなったようです。

★コマオウ
現在も勇者のお墓の袂に封印されています。
宝箱の中で、いつか外の世界に出たときのための
世界征服の計画を練っているようです。
レインディアの新たな名物として注目を浴びる
「喋る宝箱」の正体は、彼なのかもしれません。

ブレイブ☆グレイブに登場する、愛すべきキャラクターたち。
それぞれがそれぞれの想いを胸に、新しい生活を始めています。
もしどこか別の世界で、彼らの姿を見つけたときは
この物語を懐かしんでいただけたら幸いです。

おわり